読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seize the Life

人生を切り開こう!

Admax

自分の話を被せるのは話しをしたくないというメッセージ

スポンサーリンク

ビジネスの世界では、相手に好感をもってもらうために、相手の言ったことを言葉を変えてオウム返しすることで共感を示すというやり方があります。

私はこれが得意で、相手の言っていることがわからないときに、聞き直すことに躊躇がなく、理解するまでチューニングしていくことが好きでした。

これはテクニックのように語られますが、ほとんど性格に近いものがあります。

同じようなオウム返しでも、悪いオウム返しがあります。

自分の話題を切り出して広げようをすると、相手がオウム返しのように自分の話しをすることがあります。チューニングを合わせてもらえない。つまり、会話が成立しない。

これは、それ以上話しをしたくないというメッセージなのだと思っています。そういう癖を持っている人は、相手との会話を終わらせる癖をもっているといっても良いでしょう。