読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Seize the Life

人生を切り開こう!

Admax

SONY信者が聴いたFREETEL SAMURAI KIWAMI(極)の音質はいかに?

スポンサーリンク

今日はFREETEL SAMURAI KIWAMI(極)の音質についてです。昨日に続いてKIWAMIとXperiaの比較を使った感想にしたいと思います。

結論から言ってしまうと音質は悪いです。ただしXperiaを知らなければ、気にしないで良いと思います。

私はSONY信者なところがあり、自宅ではPHA-3とMDR-Z7+KIMBER KABLEの組み合わせで、10万円以上をかけて音楽を聴いています。これ以上は別の機会に書きたいと思いますが、外出時でもXperiaの音質が最低ラインとなってしまっています。

音質どうこうの話しをするとき、何をもって良い悪いと言っているかというと、私が重視するポイントは以下の2点です。

1.ステレオ感

これはきちんと左右で音が鳴っているかどうかです。左右の音が混ざっていると、のっぺりします。音質評論家の方が立体感と言っているものです。家ではPHA-3とMDR-Z7をバランス接続で聴いていますので、完全に分離制御されています。

2.残響感

主にドラムの低音やシンバルの高音が、高い音から低い音まで響いているかどうかです。これがないと、ステレオ感と同じようにのっぺりします。音質評論家の方が解像度と言っているものです。

KIWAMIの音質を一言で評価すれば、音がのっぺりしています。同じイヤホン(SONYハイレゾ対応イヤホン)で聴いてみると一瞬で分かります。音楽再生アプリも同じONKYOのHF Playerにしました。

KIWAMIでも再生アプリでステレオ感と残響感を演出できればXperiaを凌ぐ可能性がありますが、あまり期待していません。

 

昨日の写真についてもそうですが、そもそもKIWAMIはXperiaのように、カメラ性能や音質が良いとは謳っていません。

これまでブランド力があるiPhoneXperiaないしウォークマンなどの音楽再生専用機しか使ったことがない私にとっては、特徴がないものを使ったことがありませんでした。

なので今回の比較は、「性能が劣っているとはどういうことか」を知る良い機会になっています。