Seize the Life

人生を切り開こう!

Admax

思索

自分に都合の悪いことはクソであり、それは相手にとっても同じである。

「職業に貴賤なし」の大嘘 - NO TITLE こういうことを考えてしまうのは、この記事書かれているとおり、自分の職業のせいで損をしたことがある人だけだから、議論はどうしても、損をしないようにしようという方向にいってしまう。 職業を確認したあとに避け始…

自己言及が創作の壁となる。

創作の基礎を身につけ、経験とそれを活用する力をつけていく過程において、多くの人は自己言及に陥ります。 音楽家は、歌うことを極めるために「音楽を歌うこと」を歌にする。 画家は、絵を描くことを極めるために「絵を描く自分」を描く。 小説家は、小説を…

言葉が無力なのは、書いてしまうから。

タイトルが決まったらもう言いたいことが言えてしまった気がするのですが、インターネットを見ていると、異常なまでに気を使われた弱い言葉ばかりで、文章を読む楽しみを失いそうになっています。 やはり言葉を無力なのかとまで考えてしまうのですが、それは…

孤独感は客観的な世界がもたらしている

世界を客観ではなく主観で見通すことができれば、孤独感は癒されるのだろうか。 私たちは、世界を客観的に見ることを強いられています。概念に近づくほど、頭が良いとされ、客観的に見ることで正しく理解できるのだと信じられています。 しかし、私自身は主…

早く年を取りたいと思うこと。

私は今、未来に向けて何かをしたいという思いが薄く、早く年をとりたいと思っているように思います。 回りくどい言い方をしていますが、ブログの一連の流れから、自分のことがそう見えるということです。 死にたいけど、今死ぬ勇気はない。歳を取れば、死に…

人生を掴み取る!私が今、素直に生きるためにできることは書くこと。

「汝が行なうことすべての真実を示すのが神」(コーラン)であるなら、神とは自分にしかなれない存在です。 つまり自分の中の真実である神に抗ったら破滅するという考えも納得できます。 自分の中の真実に抗わず、それを求めるということは、素直さに他なり…

土地を買い、小屋を建てるまで

当面の人生の目標を、土地を買って自分だけの小屋を作ることにしたいと考え始めています。そのために働くのであれば、自分なりに納得できるような気がしてきたのです。 自分で作るセーフティネットとして、光熱費や維持費がかかっても、家賃がない場所を作っ…

神が私に自由を与えるなら、もう放っておいてくれ

あいかわらず体調が優れない、というか熱が下がらないのですが、いつも以上に暇を持てあまし、本を読んでいました。 瞑想のつながりで仏教的なことを読むことが多いのですが、仏教は、信心からも解放されようとする考え方をしています。 記事のタイトルにし…

今日、自分は微妙な色弱かもしれないことが分かりました

ヒトデさんの記事を読んで衝撃を受けました。本当に微妙は話しだと思いますが、色弱の気がありそうなことが分かりました。 www.hitode-festival.com 私は画像がそれぞれ以下のように見えました。 左上:6 真中上:12 右上:73 左下:15と見えたり17と見えた…

年齢と共に、古い映画や小説の素晴らしさに気づき始めている。

私は年齢が上がっていくことと並行して、新しいものの良さよりも、古いものの良さを感じるようになっています。 なぜこれまで新しいものが良いと感じていたかというと、新しいものは古いものを包含しているはずと思っていました。あえて古いものを知る必要は…

人が見たいと思う映像は3DやVRではなく、2Dだった。

私たちの世界の見方は、実は2D、平面に近いものなのではないかと思うようになってきました。 なぜなら3DもVRも、どうしても違和感が拭えない。慣れとか、そういう問題ではなく、生理的な問題で受け付けません。 変わって4K、8Kと平面の画素密度を上げていく…

小説の執筆もビッグデータ活用の時代がきた!

タイトルは言い過ぎですが、もはや小説は一人で作成するものではないということを思い知りました。それは、小説の執筆をクラウドソーシングで他人に発注するということを、個人ができるようになったからです。 出版社でなくとも、大勢の小説家を雇うことをで…

自分の話を被せるのは話しをしたくないというメッセージ

ビジネスの世界では、相手に好感をもってもらうために、相手の言ったことを言葉を変えてオウム返しすることで共感を示すというやり方があります。 私はこれが得意で、相手の言っていることがわからないときに、聞き直すことに躊躇がなく、理解するまでチュー…

時間とは、選択の余地がないもの。

過ぎ去った時間に対する後悔は、意味がないことです。 過去の選択を反省することで、未来の選択を変えることができるかもしれませんが、今を過去の反省に費やすことになります。 私は、なかなか難しいですが、未来に生きているのではない、今を生きている、…

「素直」というのは、「客観的に物事を捉える能力」である。

「素直」 これは私の生きるテーマの1つです。理由は「素直じゃない」と言われてきたからです。 いきなり素直じゃないと思われるようなことを言うと、そう言ってくる人の「素直」というのは、「もっと自分が思ったことを言いなよ」ということで、私はこれを間…

使うはずだったお金の妄想は現実を見ない。

石田衣良のメルマガ『小説家と過ごす日曜日』 石田衣良ブックトーク」で、「何でもシェアするようになってきても、お金はシェアされない。シェアで節約して溜め込んだお金はどこへいってしまうのか?」という話しがありました。 (過去のメルマガのkindle版…

人は傷つけ合うことで個性を醸成している。

どうして人は傷つけ合うのか?私は傷つきたくありません。でも傷つかないわけにはいかないという現実を理解しているつもりです。 人はなぜ傷つくのか 異形の自己と黒い聖痕 (講談社選書メチエ) 作者: 秋田巌 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/08/23 メ…

人は否定形を理解できない。

人は否定形を理解できません。言葉を変えれば、否定形は妄想だとも言えます。 私が2016年になってから抱えている「なにもやりたくない」という気持ちは、「なにかをやりたい」という気持ちが作りだしている言葉ということです。 本当になにもやりたくなかっ…

会社は何もすることがない人のための隠れ蓑だった。

正月以降ますます思うようになったのですが、私にはやりたいことがありません。 7つの習慣に目覚めて手帳で自分をマネジメントしようと思ったところで、計画することが何もないのです。 社会に会社が存在する理由、それは人間にやりがい与えるためではないか…

私は世界の観測者である。

録画していた「新世代が解く!ニッポンのジレンマ 元日SP“競争”と“共生”のジレンマ」を見ました。正月しか見ていなかったのですが、レギュラー番組なんですね。 各々の専門分野で活動している人たちに抽象的なテーマで語らせているのに、まるで議論にはなら…

人と生活をする能力は、自然なものなのか。

ポジ熊さんの記事、本当もう、完璧に同意です。私も大晦日と元日の2日間家族と過ごしました。 www.pojihiguma.com 親孝行とはいえ2日が限界。 盆と正月くらいにしか会わないのですが、会えばとにかく煩いし、自由がまったくなくなります。人の意見を聞きたく…

原典にこそ学ぶ価値がある。

書店に行けば、常に新しいビジネス書や自己啓発書が発売されています。人生論、働き方、お金に関することなど、新刊の平台を眺めれば、今の自分の悩みに当てはまる書籍が必ず見つかると思っていいでしょう。 しかしこれら新刊について、「新規性」という視点…

なぜ人は自ら悩み苦しもうとするのか。

気になる記事を読みました。 「大変」の感覚を大人に置くか、こどもに置くかで見えるものが違うことを忘れずにいよう - 忘れない力―定時制卒業生の雑感― 高校を辞めたい人は、なぜ人の話しを聞こうとするのだろうか。自ら傷つきにいっているようにしか見えな…

なりたい自分を語っている間は絶対になれないという真実。

現状に満足していれば永遠に幸せです。 幸せは、幸せと思っている人のものであって、幸せを追い求めているのは幸せな人生ではありません。 書きたい、稼ぎたい、と語っているうちは書けていませんし、稼げていません。 それに、過去にやっていなかったことの…

ただ生きていくのに「変化の意識」は必要か?

今日はなんと、しーてんさんに言及して頂きました。嬉しいので私も言及します!笑 produce.hatenadiary.jp しーてんさんの記事を読み、私のいう「変化」が曖昧だったことに気づきました。人の変化というと、成長でも老化でも当てはまりますね。 しーてんさん…

ただ生きていくことに、変化が必要なのだろうか。

毎日代わり映えのない生活。これは求めていた生活です。 何もしていない時間こそ、最も生の実感を得られる。生きていることしか考えなければいいのだから。 しかし、人間というのは変化を求めてしまうようです。 もっといえば、変化を求めることが人間らしさ…

作者は守られるべき存在である。

自分のことを言っているのではなく、なにかを世の中に残そうとする者は守られるべきだと思います。 発言自体が悪いという主張もあるかもしれない。 それでも少なくとも、最低限、人格だけは、守られるべきです。 自ら尊厳を手放すような発言をされる場合を除…

1つのネガティブコメントが絶望につき落とす

100人が褒めてくれても、1人にネガティブな態度を取られたら、喜びが失われてしまう。 そんな綱渡りのような状況にいるのだと思い知らされました。 結構長々と書いたのですが、タイトルに集約しましたので、今日はこの辺で。

ルールは決める人が決めればいい。私たちは攻略法を考え楽しもう。

軽減税率の話しを見ていて、品目を決める基準が分からないなどの意見があるようです。その意見の多くは、自分ないし自分と関係ない人の利益を最大化したいという思惑があります。 それらの意見を言っている人が、「決める人」であれば、意味があると思います…

匿名の誰かを攻撃するのは、それが利他的な行為と勘違いしているからである。

世間におけるインターネットでのコミュニケーション不全を見ていると、匿名の人が匿名の人を攻撃して匿名の人が傷ついている様子などが窺えます。逆に、匿名の人に褒められて浮かれている匿名の人もいます。 私にとって匿名の存在ではない関係のある人が、匿…

「本」は紙の複製が終わり、電子書籍が終わったあと、個人の手に戻る。

本は作家が書いた原稿を複製したものというのは大昔の話しで、今の本はデジタルデータ(ここではマスターデータといいましょう)を紙に印刷したものを原本とし複製されています。 昨今、ようやく電子書籍が広まってきました。しかし電子書籍というのは違和感…

格差は子供の学びに始まっている。

今の日本は識字率がほぼ100%で、日常生活において言葉を使えない人がほとんどいません。世界でもこの傾向が高くなってきており、いわゆるグローバル化の原因となっているところです。 多くの人が競争に参加できるようになったことから、どんどん競争が激化…

自分の救い方を知ることが、人として生きる基本的な学びである。

メンヘラが増えたのは、世間の言い方でいうところの、「頭が悪くなった」からだと思います。 ここでは分かりやすく「頭が悪い」=「勉強をしていない」ということとします。 勉強をしていない人が親になり、勉強をしていない世代が先生になり、誰も子供の悩…

社会の困難を生み出す力

いつでも平静を保っていて、動じることがなく、真っ直ぐただ前を見てほほえんでいる人がいます。ただ上機嫌なのではなく、テンションの根源が分からない人、共感のない部分にあえて適当でいいじゃんという人。このような人を、達観した人、老成した人という…

私は「特定の差別を語る人」を認めない。「キモいでしょ?」と人に聞ける心理とは。

ブログを書いていると、主語は常に「私」であることが大切だと気づきます。また、それと同時に、私が主語である以上、言葉は正しく使いたいとも思います。 気にしすぎると、何も書けなくなりますので、ほどほどにしたいところです。 もし同性愛を「キモい」…

人生すなわち苦悩?悩むことが人生ではない。

「関わりから愛情は生じる。愛情から苦悩が生じる。犀の角のように独り進め」 私は悩むことが生きることではないと思っています。人生すなわち苦悩だとか、ごめんです。 身近なことでいえば恋愛や仕事について、苦しいことに突っ込んでいってるようにしか思…

スターがたくさん!(私比) 他人の期待に応えようとしないことの楽しさを知る。

今日もはてブから始まります。 (はてブ面白いですね) カードを使うとお店に迷惑がかかるとか、ボーナス払いは店舗の資金繰りが悪化するから勧めるな…という意見が理解できない話。 - クレジットカードの読みもの 自分が「いい人」になるために些細なことを…

後悔しない生き方とは?「行動する」ことを思いついた時点で行動するしかない。

20年後には、したことよりしなかった落胆のほうが大きい(マーク・トウェイン) 「選択」について、前回に続いて考えました。今回はさらに「行動する・行動しない」に焦点を絞ります。 「行動する・行動しない」の選択が発生した場合、自動的に答えが出ます…

あなたは何が好き?主義主張ではなく好きか嫌いかを聞かせて欲しい。

今日ははてブから。 あるベジタリアンの滑稽さ。 - Yukibou's Hideout on Hatena 肉でもなんでも、食べないのは好きじゃないからだと思うし、理由は後付けだと思う。肉や魚に関して言えば、人以外の動物同士も適当に殺し合ってますしね。 2015/11/19 13:21 …

今から「質問」を変えよう!人は「選択」するとき「理性」より「感情」を優先します。

私たちの生活は「選択」の連続です。つまり「質問」の連続でもあります。 次々とやってくる「質問」に対し選択をする判断基準として、いつも「理性」と「感情」のせめぎ合いがあると私は思っていました。 しかし実際には、「理性」より「感情」を優先してい…

「モノ」と「経験」は同列に扱う概念ではない。

これは旅が好きな人の話しでしょう。 www.lifehacker.jp 「経験」とは、様々な「モノ」が自分にもたらした結果です。 経験とはつまり、思い出、記憶、身についた技術であると私は考えています。 それらはたしかに幸福感をもたらします。持続性も高い。 しか…