Seize the Life

人生を切り開こう!

Admax

概念レベルを上げていくのが目標だった。

これは私の話ですが、なれ合いの世界に空気の読めない具体的な指摘をしてはいけないと思いました。 私ができることは、概念レベルを上げることだと改めて認識したところもあります。 概念レベルを上げ、神になる。これがこのブログの目標です。

自分に都合の悪いことはクソであり、それは相手にとっても同じである。

「職業に貴賤なし」の大嘘 - NO TITLE こういうことを考えてしまうのは、この記事書かれているとおり、自分の職業のせいで損をしたことがある人だけだから、議論はどうしても、損をしないようにしようという方向にいってしまう。 職業を確認したあとに避け始…

自己言及が創作の壁となる。

創作の基礎を身につけ、経験とそれを活用する力をつけていく過程において、多くの人は自己言及に陥ります。 音楽家は、歌うことを極めるために「音楽を歌うこと」を歌にする。 画家は、絵を描くことを極めるために「絵を描く自分」を描く。 小説家は、小説を…

24時間、起きない日・

目覚ましをかけずに起きる習慣を身につけようとしたのですが、まさかの「丸一日起きない」という事態に陥りました。 しかし毎日更新するってすごいことだと思います。毎日ちゃんと起きて活動しているということですから。 1日寝ているような人間には到底無理…

言葉が無力なのは、書いてしまうから。

タイトルが決まったらもう言いたいことが言えてしまった気がするのですが、インターネットを見ていると、異常なまでに気を使われた弱い言葉ばかりで、文章を読む楽しみを失いそうになっています。 やはり言葉を無力なのかとまで考えてしまうのですが、それは…

新しいことを2つ始めている

今年に入って、じわじわ新しいことを始めています。ルーチンワーク化されると、新しいことをやっているという感覚も忘れてしまいます。 その1つは、IT系のプロジェクトマネジメントの学習。2つめは神話の勉強。 この2つはまったく繋がりや共通項がありません…

日記により毎日を消し込んでいく。

去年の9月から、毎日手書きの日記を書いています。 これまで日記など書いたことがなかったことから、日記を書くことによってどうなるのか想像すらできず、それでも毎日続いてきました。 感覚としては、振り返ることができる資料を残すことで、何かしら人生に…

明るく前向きになれない理由

なので当然、話しを盛ることができません。ブログも低空飛行。ごくたまに調子に乗るときがあって、それでもこのブログの開始当初のような、ブログ始めたよ!というくらいのものです。 私は昔から、プロマネや営業的な立ち位置を通じて、独立しようぜという誘…

日本の実写映画が面白くない潜在的な理由

日本の映画が面白くないのには、潜在的な理由があります。それは風景が良く分からないという問題です。 日本は撮影が出来ない場所が多すぎます。例えば、渋谷は基本的に映画の撮影ができません。申請したとしても、まず許可が下りないそうです。理由は映って…

友達がクリエイターだったら、友達価格なんかじゃなく、むしろ助けてあげよう

クリエイターは友達に値切られるらしいということを知り、とても悲しくなりました。応援しないんだ!って(笑) 自分の自信の無さは、同じクリエイターたちの価値を下げている - 3min. <スリーミンドット> 若い方がお金がないんだから、友達だったら多めにあ…

孤独感は客観的な世界がもたらしている

世界を客観ではなく主観で見通すことができれば、孤独感は癒されるのだろうか。 私たちは、世界を客観的に見ることを強いられています。概念に近づくほど、頭が良いとされ、客観的に見ることで正しく理解できるのだと信じられています。 しかし、私自身は主…

映画「屍者の帝国」を観ました。

伊藤計劃がプロローグのみ書き残し、続きを円城塔が書いた「屍者の帝国」の映画版を観ました。 死んだ人間を蘇らせて道具として使うというのは、実現したら本当に考えそうなことであることに、ある種のリアリティを感じます。 我々人間がそれぞれ個別の存在…

早く年を取りたいと思うこと。

私は今、未来に向けて何かをしたいという思いが薄く、早く年をとりたいと思っているように思います。 回りくどい言い方をしていますが、ブログの一連の流れから、自分のことがそう見えるということです。 死にたいけど、今死ぬ勇気はない。歳を取れば、死に…

毎日やらないと忘れてしまう

なぜ私はなんでも毎日のようにやってしまうのか。それは毎日やっていないと忘れてしまうからです。 年を取ると時間が経つのが早くなると言いますが、その理由を単純にいうと、生きることに慣れてくるということです。慣れてくるとどうなるかというと、覚えら…

大人になってから美味しく感じるものがある!

子供の頃から嫌いな食べ物は色々あると思いますが、大人になってから食べてみると美味しいと思える食べ物、料理がけっこうあります。 たとえば、グラタンが大っ嫌いだったのですが、母の作るグラタンが美味しくないだけでした(笑) オムライスやパスタなん…

人生を掴み取る!私が今、素直に生きるためにできることは書くこと。

「汝が行なうことすべての真実を示すのが神」(コーラン)であるなら、神とは自分にしかなれない存在です。 つまり自分の中の真実である神に抗ったら破滅するという考えも納得できます。 自分の中の真実に抗わず、それを求めるということは、素直さに他なり…

土地を買い、小屋を建てるまで

当面の人生の目標を、土地を買って自分だけの小屋を作ることにしたいと考え始めています。そのために働くのであれば、自分なりに納得できるような気がしてきたのです。 自分で作るセーフティネットとして、光熱費や維持費がかかっても、家賃がない場所を作っ…

神が私に自由を与えるなら、もう放っておいてくれ

あいかわらず体調が優れない、というか熱が下がらないのですが、いつも以上に暇を持てあまし、本を読んでいました。 瞑想のつながりで仏教的なことを読むことが多いのですが、仏教は、信心からも解放されようとする考え方をしています。 記事のタイトルにし…

ノロウイルスかもしれない

10秒くらいしか歩けない体になってしまいました。 こういうとき独り身はつらいなあと思いつつ、お粥がAmazonプライムで当日中に届く恋人いらずな日々を噛みしめています。

完璧な嘘は、嘘だと知らなければ見抜けない。

日本では裁判において、物証と確証がない限り犯罪者に有利だと言われています。 野々村竜太郎被告「記憶を確認します。しばらくお待ち下さい......思い出せません」 裁判では「記憶がない」と言えば有利になるのだろうが、人間性を超越した強い意志を感じま…

マナー違反や気まずさを想像できるなら、最初からやらない。

matome.naver.jp 「マナー違反」のことを考えるのは、自分の利益のためにマナー違反を犯したいけど、他人の価値観に巻き込まれたら嫌だと悩んでいるのだと思います。 たとえば、優先席が空いているからといって座るから、譲ったときに断られることを心配しな…

今日、自分は微妙な色弱かもしれないことが分かりました

ヒトデさんの記事を読んで衝撃を受けました。本当に微妙は話しだと思いますが、色弱の気がありそうなことが分かりました。 www.hitode-festival.com 私は画像がそれぞれ以下のように見えました。 左上:6 真中上:12 右上:73 左下:15と見えたり17と見えた…

年齢と共に、古い映画や小説の素晴らしさに気づき始めている。

私は年齢が上がっていくことと並行して、新しいものの良さよりも、古いものの良さを感じるようになっています。 なぜこれまで新しいものが良いと感じていたかというと、新しいものは古いものを包含しているはずと思っていました。あえて古いものを知る必要は…

人が見たいと思う映像は3DやVRではなく、2Dだった。

私たちの世界の見方は、実は2D、平面に近いものなのではないかと思うようになってきました。 なぜなら3DもVRも、どうしても違和感が拭えない。慣れとか、そういう問題ではなく、生理的な問題で受け付けません。 変わって4K、8Kと平面の画素密度を上げていく…

小説の執筆もビッグデータ活用の時代がきた!

タイトルは言い過ぎですが、もはや小説は一人で作成するものではないということを思い知りました。それは、小説の執筆をクラウドソーシングで他人に発注するということを、個人ができるようになったからです。 出版社でなくとも、大勢の小説家を雇うことをで…

自分の話を被せるのは話しをしたくないというメッセージ

ビジネスの世界では、相手に好感をもってもらうために、相手の言ったことを言葉を変えてオウム返しすることで共感を示すというやり方があります。 私はこれが得意で、相手の言っていることがわからないときに、聞き直すことに躊躇がなく、理解するまでチュー…

映画レビューを書き始めた。

サークル活動の一貫として、1日かけて映画レビューを作成していました。 今日は特に、1本の映画をレビューするのにどのくらいの時間がかかるのかを確認しながら作業をしました。 映画の選び方としては、すでに見ていて、紹介したいと思える映画を選びます。…

朝ランニングは1日坊主でした。

日曜日に朝のランニングを始めて、例のごとくストイックに続いているのかと思いきや、昨日今日と走っていません! 朝なんて特に寒くて布団から出る気になりません。日曜日になぜ起きれたのか、不思議なくらいです。 勢いで自分のやっていることに自己言及す…

高いお金で会社員を維持するか、少ないお金で何もしないか。

社会人をやっていると、なにかとお金がかかります。 私は特に、自分への投資を厭わないタイプなので、勉強をするのは当然で、有料のセミナーに参加したりしていました。 さらには、肉体関係ではサプリメントを飲んだり、毎日健康で居続けることに拘りをもっ…

朝ランニングをしてみた。規則正しい生活を取り戻したい。

私は今、週1回程度10kmのランニングをしています。以前は毎日会社から帰宅したあとに5km走っていました。本当に雨の日以外毎日、ストイックに走っていました(笑) 今やっているランニングは10km走れることの確認でしかなく、物足りない部分があり、走ること…

コンプレックスとしての強迫観念

私はコンプレックスの塊です。コンプレックスの1つや2つ、どんな人でも持っているということも知っているつもりです。 そんなコンプレックスの1つ、人に言わせればストイック、自分としては強迫観念について書きたいと思います。 私は様々なコンプレックスが…

瞑想の面白さを知る!

瞑想の本に出会いました。 ~1日10分で自分を浄化する方法~マインドフルネス瞑想入門 作者: 吉田昌生 出版社/メーカー: WAVE出版 発売日: 2015/01/19 メディア: 単行本(ソフトカバー) この商品を含むブログを見る これまでもマインドフルネスというキーワー…

サークル活動に使うサイトを考える。

サークルのサイトを作るにあたり、ホームとなるサイトと内容別につくるサイトを考えていました。 実は私はサーバサイドの知識があり、WordpressやMovable Typeの設置ないし、簡単なHTMLサイトであれば、サイトを作成することができます。ホスティングやクラ…

話題のイヤホンを買いました! SoftBank SELECTION ハイレゾ対応ステレオヘッドホン SE-5000HR

スマートフォンの普及で、配信や動画を通じて音楽を聴く人が増えたと思います。スマートフォンに標準でついてるイヤホンなどからのアップグレード用に、キャリアのSoftBankが独自のイヤホンを開発して、その音の良さが話題になっています。 www.phileweb.com…

小説やゲームのサークル活動を準備中です。

このブログで書くかどうかは迷うところがありましたが、今日はこれしかやっていないので、書いておこうと思います。 今、以前からやりたかった、サークル活動の準備をしています。私は企画、プロデューサーの立ち位置です。 小説作品そのものは、はてなとKAD…

時間とは、選択の余地がないもの。

過ぎ去った時間に対する後悔は、意味がないことです。 過去の選択を反省することで、未来の選択を変えることができるかもしれませんが、今を過去の反省に費やすことになります。 私は、なかなか難しいですが、未来に生きているのではない、今を生きている、…

「素直」というのは、「客観的に物事を捉える能力」である。

「素直」 これは私の生きるテーマの1つです。理由は「素直じゃない」と言われてきたからです。 いきなり素直じゃないと思われるようなことを言うと、そう言ってくる人の「素直」というのは、「もっと自分が思ったことを言いなよ」ということで、私はこれを間…

多読を卒業!限りある人生は精読に生きる。

電子書籍が安いからといって買いまくり、積ん読がとんでもなことになっていた2015年を経て、これまでのことは一度なかったことにしたいと思いました。 美しい積ん読スタイル 読みかけブックタワー [日本製 完成品] (ハイタイプ, ナチュラル) 出版社/メーカー…

本は読むもの!あたりまえのことに気づく。kindle Paperwhite(2015)を購入!

先月からAmazonプライムに加入しているのを機に、Kindle Paperwhiteを買いました。本に集中できる端末は想像以上に気持ちよく、以下に書く反省(?)から、Kindle Paperwhiteは読書の楽しみに立ち返ることができたと思います。 ちなみに私が買ったのは、 キ…

使うはずだったお金の妄想は現実を見ない。

石田衣良のメルマガ『小説家と過ごす日曜日』 石田衣良ブックトーク」で、「何でもシェアするようになってきても、お金はシェアされない。シェアで節約して溜め込んだお金はどこへいってしまうのか?」という話しがありました。 (過去のメルマガのkindle版…

人は傷つけ合うことで個性を醸成している。

どうして人は傷つけ合うのか?私は傷つきたくありません。でも傷つかないわけにはいかないという現実を理解しているつもりです。 人はなぜ傷つくのか 異形の自己と黒い聖痕 (講談社選書メチエ) 作者: 秋田巌 出版社/メーカー: 講談社 発売日: 2013/08/23 メ…

人は否定形を理解できない。

人は否定形を理解できません。言葉を変えれば、否定形は妄想だとも言えます。 私が2016年になってから抱えている「なにもやりたくない」という気持ちは、「なにかをやりたい」という気持ちが作りだしている言葉ということです。 本当になにもやりたくなかっ…

会社は何もすることがない人のための隠れ蓑だった。

正月以降ますます思うようになったのですが、私にはやりたいことがありません。 7つの習慣に目覚めて手帳で自分をマネジメントしようと思ったところで、計画することが何もないのです。 社会に会社が存在する理由、それは人間にやりがい与えるためではないか…

私は世界の観測者である。

録画していた「新世代が解く!ニッポンのジレンマ 元日SP“競争”と“共生”のジレンマ」を見ました。正月しか見ていなかったのですが、レギュラー番組なんですね。 各々の専門分野で活動している人たちに抽象的なテーマで語らせているのに、まるで議論にはなら…

人と生活をする能力は、自然なものなのか。

ポジ熊さんの記事、本当もう、完璧に同意です。私も大晦日と元日の2日間家族と過ごしました。 www.pojihiguma.com 親孝行とはいえ2日が限界。 盆と正月くらいにしか会わないのですが、会えばとにかく煩いし、自由がまったくなくなります。人の意見を聞きたく…

明けましておめでとうございます。

2016年になりました。明けましておめでとうございます。 今日は実家にてのんびりしながら、はてブをしていました。 http://b.hatena.ne.jp/seizethelife/bookmark 私もですが、多くの人が大晦日も元日も、いつもどおり更新をしていますね。ブログが日常にな…

原典にこそ学ぶ価値がある。

書店に行けば、常に新しいビジネス書や自己啓発書が発売されています。人生論、働き方、お金に関することなど、新刊の平台を眺めれば、今の自分の悩みに当てはまる書籍が必ず見つかると思っていいでしょう。 しかしこれら新刊について、「新規性」という視点…

来年の手帳は週間(「7つ習慣」用)と日記の2種類!

今年は勝手気ままに日記を書いていましたが、3ヶ月きちんと続けることができたので、来年は専用の手帳を使うことにしました。 話しは違いますが、はてなブログも3ヶ月続いたらプロにしようと思っているので、来月あたりかなと思っているのですが、プロにす…

「個性」より先に「人格」がある。そして「人格」は「習慣」に宿る。(「7つの習慣」を学ぶ)

「7つの習慣」の続きであるが、素晴らしい格言の引用があったので、紹介したいと思います。 「思いの種を蒔き、行動を刈り取る。行動の種を蒔き、習慣を刈り取る。習慣の種を蒔き、人格を刈り取る。人格の種を蒔き、運命を刈り取る」(サミュエル・スマイル…

自分自身を主体的に生きる。(「7つの習慣」を学ぶ)

スティーブン・R・コヴィーの「7つの習慣」をご存じでしょうか。 端的にいうと、「自分にとって何が大切か」、「どういう方向に進むべきか」を正確に判断するための「習慣」を身につける方法論です。私は来年から本格的に手帳を書き始めようと思い、今はその…